挿し木・葉挿し・株分け・根挿し



挿し木

   
 自然に子吹きしたものや、各増殖法である胴切り、芯えぐり、縦割りなどにより人為的に子吹きしたものを挿し穂にします。また胴切りの際に切り取った頂部を使います。

 挿し穂は、その切断面の大きなものは十分に乾燥させまが、あまり乾燥させすぎると挿し穂そのものが、しなびてかえって発根が悪くなってしまいます。
よって多肉度の少ないものは切り取ったあとすぐ挿すようにした方が良いようです。

 挿し穂の丈が低いものは、土の上に置くだけでも発根しますが、丈の大きなものは穴をほり浅めに埋めます。
その後は、半日陰の暖かい場所に置き、時折霧吹きなどで水分を与えるようにし、用土全体が濡れるほどの水やりは控えます。


葉挿し

   
 葉挿しをおこなうものは、ベンケイソウ科のものや、カランコエなどです。
挿し葉の採り方は葉の基部をしっかりつまみ、左右にゆっくり曲げながら付け根からしっかり取り外します。
途中で折れたものは、ほとんど発根も発芽しません。

 挿し葉は、用土に挿し込むのではなく、転がしておく程度で良いようです。
このとき、葉の先端にある芽や根が出るくぼみがわずかに土に接する程度に固定した方が良いようです。


株分け

   
 サボテンではおこなわず、多肉植物の中で株状になるものなどは手で分けたり、刃物を使って分割します。
あとは植え替えと同じように植え付けます。


根挿し

   
 この方法は、根がゴボウ状になるものが適しています。
出根してから1〜2年たった根を付け根から刃物で切断するか、ねじり切ります。
その後、半日陰で半日ほど陰干ししてから付け根の部分を1センチほど用土から出して植え付けます。
付け根から根が出るまでは、日陰で水を与えずにいます。芽が出たら徐々に水を与えるようにします。


 △ さぼてんの増殖 その弐
サボテンの交配・実生へ ▽

 ▲ 表紙へ戻る