サボテンの育て方



育て方

   
ここにあげる年間作業暦は、いろいろな書籍を元に作成したものです。
よって、環境、気候、ハウス栽培などの条件により一定しません。
あくまで、年間作業の目安としてください。


 1月
休眠期
 水やりをしない。防寒、保温に努める。
 2月
休眠期
 下旬頃から水やりを開始。
 3月
生育期
 増殖、植え替えの開始。
 4月
生育期
 増殖、植え替えの適期。
 5月
生育期
 水やりを積極的に行う。
 6月
生育期(中旬まで)
 梅雨時は半断水。寒冷紗を張る。
 7月
半休眠期
 水やりの回数を減らす。寒冷紗。
 8月
半休眠期
 7月と同様に。
 9月
生育期
 植え替え。寒冷紗をはずす。
 10月
生育期
 秋の長雨、台風時には断水。
 11月
休眠期
 水やりの回数を徐々に減らす。
 12月
休眠期
 断水、保温を行う。


水やり − 灌水(かんすい)
   
 サボテンの水やりは鉢底から水が流れ出るまで与えます。
水やりの間隔は、鉢の培養土が常にじめじめしていると根腐れをおこすので、十分に乾いてから次の水やりをします。

 苗を植えたり、植え替えをした後の数日間は水を与えないようにします。
なぜなら根が定着しておらず、その時の水やりは新根の発根を遅らせることになります。

 
  3〜4月 表土の土が乾いたら水をたっぷりと与えます。
  5〜6月中旬 2〜3日に1回、なるべく朝8時頃までか、夕方6時以降にあたえます。
これは、日中に鉢の中に多量の水分があり、気温が高くなると、水分温度が上昇し根を傷める原因となるからです。
  6月下旬〜8月 晴天の日の朝方か夕方に月に4回ほど与えます。
  9〜10月 3〜4月と同様にします。
  11月 月に1〜2回ほど軽く水を与えます。


水やりの注意点

   
 サボテンの美しさを維持するには水やりにも注意が必要となります。
雨天や曇りの日など湿度の高い日に、サボテンに直接水をかけた場合、水分がなかなか蒸発しないで、とげが汚れたりカビが発生したりすることがあります。

 水をあげるときには株元にあげたり、雨天には控えるなど注意が必要となり、サボテンにはできるだけ水がかからないようにしたほうが良いようです。


保温

   
外温や温室の内部の最低温度が5度を割るようになったら、保温を始めます。
春は、最低温度が10度をこえるまで保温を続けます。


 ▲ 表紙へ戻る
サボテンの植え替えへ ▽