用語解説



植物の全般的な用語解説

   
 この用語解説では、ホームページ中に出てくる専門的な用語を解説するページになります。
よって、一般的な園芸用語に関しては割愛しているものがあります。

 ただいま製作段階中のため、取り上げた解説用語の順序に関しては一貫性がありません。
ある一定数に達したときに整理したいと思っています。



 ・乾果 [ 英 dry fruit ] 同:乾燥果
果皮が成熟すると乾燥する果実の総称です。
 液果に対する用語です。乾燥した果皮が裂けて開くかによって、裂開果と閉果に分けられます。


 ・漿果 [ 英 berry ]
 液果のうち、内果皮が木質化するウメ・モモなどの石果を除いたものです。
 トマトなどがこれに当てはまります。子房壁の肥大発達によって形成されます。
外果皮は薄いですが、中果皮と内果皮は厚く水分の多い柔軟な組織からなる果肉になり、その中に比較的堅い種皮を持った種子を生じます。


 ・裂開果 [ 英 dehiscend fruit ] 同:裂果
 成熟すると果皮が裂けて開き、種子の散布がおこる果実のことです。
果実の構造に付けられた名前ではありません。マメ科、ホウセンカ・アサガオなどが当てはまります。


 ・閉果 [ 英 indehiscend fruit ] 同:非裂開果
 種子を包んだ果皮が成熟後にも自然には裂けて開かず、果皮に包まれたままの果実の総称です。イネなどが当てはまります。


 ・綴化、石化
 サボテンの生長点が何らかの要因で分裂し、山の稜線状に連なったものを綴化と呼ばれています。
 不特定多数の箇所に生長点を持つものは石化と呼ばれています。
綴化には実生苗から発生するものや、子吹きしたものから発生することもあります。石化に関しても、原種とは似つかぬほど変形するそうです。
原因は遺伝的な要因だと考えられています。


 ▲ 表紙へもどる