サボテンの増殖 その弐



芯えぐり

 胴切りと同じように本来の生長点を取り除き、潜在する生長点に子を吹かせる方法です。

 芯えぐりは、生長点をすり鉢上にえぐることにより、生長点を取り除きます。
サボテンは生長点が深いところにあるので、完全にえぐらないと意味がありません。

 また、芯えぐりしたものはその部分に水をためないように気を付ける必要があります。


縦割り

  主に多肉植物であるアロエに対して用いられる増殖法です。
これは生長点を軸に、刃物を用いて縦(上下)に切り込みをいれます。
その割れ目に、鉢のかけらなどを使って開かないように挟んで乾燥させます。
そうすることにより、両側の切断面から不定芽が出てきますので、ある程度の大きさになったら切り取り、挿し木にします。
この方法は、ある程度の大きさと健康な株を用いた方が成功するようです。


 △ さぼてんの増殖 その壱
挿し木・葉挿し・株分け・根挿しへ ▽

 ▲ 表紙へ戻る